グレーゾーンからはみ出しているカジノカフェ

「カジノカフェが危険だって聞いたんだけど、どういうこと?」
と疑問を持つ方が多くなっています。
カジノカフェとは一体どんな場所なのか、そこ行くとプレイヤーである自分も逮捕されるのか、など疑問は尽きません。

そこで今回は、カジノカフェ(インカジ)の違法性について、摘発や逮捕リスクといった観点から解説していきます。

オンラインカジノがプレイできるカフェ

今では、街を歩いているとそこかしこにインターネットカフェが見受けられます。
漫画喫茶と呼ぶ人も多いです。しかし、大抵は同じものを指しています。

それこそネットを使いたかったり、漫画を読んで時間を潰したかったりして、一度は利用したことがあるという人が多いです。
そんな気軽に利用できるネットカフェで、普段、家でオンラインカジノをしている人は、そこでもやってみたいと思うことがあります。

実際に、店側もあらかじめオンラインカジノを推奨していて、ブースに入ってパソコンをつけ、トップページにいつも自分が利用しているオンラインカジノのアイコンがあったら、クリックするのに躊躇は感じにくいです。
しかし、ここで思わぬトラブルが発生する可能性があります。
これがカジノカフェ、通称インカジの危険性です。

カジノカフェは摘発の対象

実際、2006年に京都にあるネットカフェが同上の事案で摘発されています。
それこそ、オンラインカジノのプレイを推奨していて、お客に接続させていたことが原因です。

逮捕にいたるケースというのは、通常の営業許可を得たネットカフェにおいて、お客が勝手にオンラインカジノで遊んでいた場合ではありません。
より積極的に店側がオンラインカジノを楽しむ場として、それについて許可を得ていないのに営業をしているケースです。

前提として、店内のパソコンから容易にオンラインカジノに飛べるように設定しておきます。
さらに、勝ったお客には、その場でそのお店が払い戻しを行います。
オンラインカジノに飛べるようにするだけでもアウトラインに入っていますが、さらに換金まで行うとなれば、これは警察側としても動かざるを得ないといえます。

ただ、こういったお店はオンラインカジノを楽しみたい人からすると人気があって、お客が集まりやすいのも事実です。
なぜ需要が高いのかというと、やはり換金をしてくれる点です。

その場での払い戻しは需要が大きい

オンラインカジノの利用者が最も面倒だと感じる点に、出金の手間があります。
自宅でオンラインカジノを楽しもうとする場合、入金はクレジットカードに対応しているオンラインカジノが多いので楽です。

しかし、出金となると話が変わってきます。
あらかじめ決済用のサイトに登録して、そこに口座も設定しておいて、まずその仲介サイトへ出金します。
さらにそこから日本の口座に振り込むという二段階の手続きが必要です。

それぞれに手数料がかかったり、そもそも入金した決済用口座にしか出金できないなどの制約があったりして、ユーザー側からすると、ここにストレスを感じてしまうことがよくあります。

しかしカジノカフェであれば、このわずらわしさがありません。
勝ったらその場で払い戻しを受けられるので、パチンコのように気軽にオンラインカジノが楽しめるというわけです。
まさにオンラインカジノの良いところだけを得られる場所です。

カジノカフェとオンラインカジノの関係

カジノカフェの経営者は、特定のオンラインカジノと提携していることがあり、そのために、負け分を両者で折半するなど契約が結ばれています。
これによって経営が成り立っているわけです。

オンラインカジノとの間では極めて合法的な契約であったとしても、日本で運営するとなると話が変わってきます。
そもそも現在、オンラインカジノがグレーで、日本人が自宅でプレイしても摘発の対象とならないのは、海外を拠点としているからです。

海外に拠点がある海外のオンラインカジノを、日本人がプレイしているから賭博法の対象にはなりません。
しかし、運営側の拠点が一歩でも日本に踏み込んできたなら、一気に違法の性格が強くなります。

カジノカフェは、海外では普通にありますし、勿論摘発の対象ではありません。
日本ではまだカジノが認められていませんから、違法となります。

その証拠に、たとえカジノカフェの運営者が逮捕されても、そこと提携していたオンラインカジノまでもが、摘発されて営業停止に追い込まれる、などということは通常はありません。
それこそ、そのオンラインカジノの拠点の一部が日本の某雑居ビルに入っていた、というケースでもない限り、提携のカジノカフェが摘発されてもなお、平常どおりの営業をしています。

カジノカフェの摘発や逮捕についてまとめ

今回は、特にカジノカフェの違法性について解説してきました。

そこで提供されているオンラインカジノ自体は合法でも、それをお店でプレイしてしまい、かつ勝ち金を受け取れるまでいくと、お店だけでなく利用者も逮捕の対象となります。

家でやっている人は特に、カジノカフェでオンラインカジノをするのに抵抗を感じづらい傾向があります。
しかし、それは現状、逮捕される行為ですから、もしも知人などから紹介されても、決して足を踏み入れないようにしましょう。

crossfitfortbrag

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です