オンラインカジノのブラックジャックにイカサマが不可能な理由

オンラインカジノのゲームと言っても、実際にお金を賭けるところは本物のランドカジノと同じであり、ブラックジャックにおいても勝敗はまさに時の運と言えるでしょう。
ギャンブルなので勝敗のバランスが偏ることがあるのは当然のことですが、あまりに熱中しすぎると自分を見失い、インチキやイカサマを疑うようになることもあります。
このようなことはオンラインカジノだけでなく、パチンコや競馬などを含めたあらゆるギャンブルで疑われることで、ギャンブルには付き物の話題です。

とはいえオンラインカジノのブラックジャックに関しては、インチキやイカサマは絶対にあり得ないと断言できます。
ここでは、オンラインカジノのブラックジャックでイカサマが絶対に不可能な根拠や仕組みを解説していきたいと思います。
ぜひこの記事を参考に、オンラインカジノのブラックジャックに対する漠然とした不安を解消してください。

介入不可能な乱数発生装置

介入不可能な乱数発生装置
オンラインカジノのゲームに標準装備となっているのが乱数発生装置(RNG)で、これにより規則性を排除し毎回ランダムでゲーム結果が出るような仕組みとなっています。
具体的にはベット額を設定してから、様々な演出を経てゲーム結果が表示されますが、これはプレイヤーを楽しませるための雰囲気づくりの為であり、ゲーム内部では最初の段階ですでに結果が決まっているのです。

オンラインカジノのブラックジャックも同様の仕組みで、実はベットの段階ですでにRNGがランダムに勝敗や配当などのゲーム結果を決定済なのです。
このようなRNGを使ったシステムにより、悪意を持った誰かがゲーム結果に介入したり操作を加えるようなことは出来なくなり、ペイアウト率に従ったゲーム結果が守られるのです。
さらにオンラインカジノで使われるブラックジャックのゲームは、第三者機関の監視下にあるゲーム開発会社が作成したもので、開発過程にはオンラインカジノの運営はタッチできず、不正を行う余地はありません。

一方、生中継で行うライブゲームのブラックジャックはどうでしょうか?
当たり前ですがライブゲームではRNGが使えないのでイカサマが可能なのでは?と疑う方もいるのではないでしょうか。
ところがライブゲームのブラックジャックにも、ちゃんとイカサマが不可能な仕組みがあるのです。

ディーラーに裁量の余地なし

ディーラーに裁量の余地なし
実際にオンラインカジノのライブゲームをプレイした経験があるなら分かると思いますが、ブラックジャックにおけるディーラーにゲーム内の裁量権はまったくありません。
よく観察すると分かりますが、「16以下ならヒット」「17以上でスタンド」という単純なルールの基にゲームが進行され、ディーラーに介入の余地はまったくないのです。
単純に考えてディーラーがゲーム中に、カードを操作したりするチャンスや裁量権は一切あり得ないのです。

オンラインカジノのブラックジャックの特徴として、ディーラーのターンは、必ずプレイヤーのターンの後となります。
よく言われるブラックジャックのイカサマの手口として「デッキ内のカードがディーラー有利に並べている」というのがありますが、プレイヤーのターンが最初なので、このような操作は仮に出来たとしても、まったく無意味なことが分かります。

このようにディーラーにゲームの流れに介入する余地がない以上、理論的にイカサマ行為は存在することができないのです。

イカサマが発覚した場合のリスクが割に合わない

イカサマが発覚した場合のリスクが割に合わない
オンラインカジノのブラックジャックでは、ゲームの仕組みや従うべきルールによってイカサマが不可能な環境が整っていることを理解していたただけと思います。
しかし状況を突き詰めれば、細かいスキを突いてイカサマが可能な状況もあるかもしれません。

例えば考えられるのは、監視機関に隠れて開発メーカーと結託して不正プログラムを仕組んだり、ライブカジノのウェブカメラに死角を作って不正操作をするなど、人間が介入する以上100%完璧はありえません。
しかしオンラインカジノの運営という大きな視点でイカサマを考えた場合、これが発覚することでライセンスを失うなど、大きすぎるリスクがあります。
このライセンスの取得には長い時間をかけた審査に加え、決して安くはない申請費用などが必須で、ライセンスの剥奪はオンラインカジノの運営にとって大きすぎる損失となります。

つまり大きなリスクを犯してイカサマによる不正利益を得るよりも、健全な運営でより多くのプレイヤーを集めたほうが、効率的に収益を得ることができるのは明らかで、オンラインカジノの運営にとってイカサマは、有害無益な行為なのです。

まとめ

オンラインカジノのブラックジャックでは、イカサマ行為が行われる余地がないことを解説してきましたが参考になったでしょうか?
漠然とブラックジャックでに対する懸念を持っている方もいると思いますが、運営側もそのようなことは百も承知で、理論的に不正を排除する仕組みを構築しているのです。

オンラインカジノのブラックジャックを始めとするあらゆるゲームには、乱数発生装置(RNG)が標準装備されており、第三者がゲーム結果に手を加えることは出来ません。
ブラックジャックのゲームに関しても、開発段階から第三者機関が監視しており、オンラインカジノの運営が介入する余地はありません。

またブラックジャックというゲームの特性上、ディーラーにゲームの流れを操るような裁量権は与えられていないので、イカサマを行うことは不可能です。
ギャンブルでは勝ち続けることもありますが、負け続けることもあり、ネガティブな考えに陥ってしまうこともよくあります。

しかしここで説明したように、イカサマは運営側にとっても割に合わない無意味な行為です。
ここで余計な疑念を晴らして、安心してオンラインカジノのブラックジャックを楽しんでください。

crossfitfortbrag

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です